Recipe

320

レンジ鯖缶スパニッシュオムレツ
00357ひろね
2019-10-12

〈材料〉

🌸卵…4個

🌸冷凍ほうれん草…80g

🌸ミニトマト…8個

🌸生姜すりおろし…10g

🌸ブラックペッパー…少々

🌸鯖味噌煮缶…1缶

.

〈作り方〉

鯖缶は身を取りだし、あらかじめ細かくほぐしておく。(缶の汁はとっておく) ミニトマトは半分に切っておく。

卵を溶きほぐし、全ての材料をいれよく混ぜる。ここで、とっておいた缶詰の汁も半分加える。

耐熱容器にラップを敷き、卵液を流し入れ上からもふんわりとラップで蓋をして600Wのレンジで1分半加熱する。

一度取りだして、全体を混ぜたらさらに6分加熱する。

取りだしてみて中に火が通っているようなら完成。

.

  • Comment

    • レンジで作るオムレツは、少な目の時間を設定き、レンジから出したり入れたりしながらお好みの固さに調整することがてきます。サバ缶まるごと美味しくいただけそう。冷凍ほうれん草を使う等、簡単時短、気分的にお手軽な感じでも美味しく豪華な嬉しいレシピです。
  • Comment

    • さば缶の汁には、さばのうまみと栄養がいっぱい含まれています。しかもこちらは味噌煮缶なので、調味料も入っています。それらをうまくお料理に活用されていると思います。 生姜も香りづけとさばの臭み消しに役立っていますね。

Recipe

319

黄身がとろ~り♪ かぼちゃのマヨチーズ焼き
00356花ぴー
2019-10-10

レンチンしてマッシュしたかぼちゃに味付けし、耐熱容器に入れて卵黄を落として魚焼きグリルで焼くだけ。

これだけでビックリ美味しいかぼちゃのマヨチーズ焼きができあがります。

真ん中の卵黄はグリルで表面だけ焼けますが、フォークでつつくと、中からとろりと黄身が溢れます♪

これをからめて食べると最高なんです。

粒マスタードがいいアクセントになっています(*^^*)

<2人分>

かぼちゃ 350g

卵黄 1個

塩 少々

粉チーズ 大さじ1

マヨネーズ(かぼちゃに混ぜる) 大さじ1

ヨーグルト 大さじ1

粒マスタード 小さじ1

マヨネーズ(上にかける) 適量

シュレッドチーズ ひとつかみ

<作り方>

1.かぼちゃを600Wレンジで6分加熱し、皮以外をフォークなどでマッシュする。

2.塩、粉チーズ、マヨネーズ、ヨーグルト、粒マスタードを入れて混ぜる。

3.耐熱皿に2を入れ、真ん中をへこませて卵黄を入れる。

4.マヨネーズをかけ、シュレッドチーズをのせる。

5.魚焼きグリルorトースターで5分焼く。

  • Comment

    • やさしくてまろやかなお味が想像できます。 真ん中に落とした卵黄がソース代わりにもなって、お料理にコクを与えてくれますね。 小さい容器で焼けば、朝ごはんにも向いていますね。
  • Comment

    • かぼちゃの甘味とチーズの塩味、マヨネーズは絶対美味しい。とろり卵は食欲そそりますね。写真の焦がし具合も抜群です。

Recipe

318

  葱〜副菜!!!〜
00355菊羽音
2019-10-09


外側はシャキシャキ香ばしく中はとろっと甘く〜ベーコンにちょい足し砂糖が出汁の旨味を増す〜



【材料

⑴長ネギ・・16cm(50g)・・葱の真ん中の包丁を入れる(切り離さない)

⑵ベーコン・・3×15cm(10g)・・グラニュー糖をパラパラと振る(一度グラニュー糖を手のひらに取り親指人差し指でつまむ事2回.捻りながらふる)

⑶サラダ油・・3滴

⑷グラニュー糖・・二つまみ

⑸鰹節・・適量

⑹水・・15cc

⑺ポン酢・・適量


【作り方】

⑴葱の切り目を広げベーコンを挟む

⑵フライパンに油を広げ【作り方⑴】に焼き焼き色をつける

⑶水を回し入れ蓋をし蒸し焼き暫くそのまま置く(熱いので)

⑷ほどよく冷めたらカットし器に盛り鰹節をふる

⑸ポン酢をかける

  • Comment

    • レシピを拝見しているだけで、おいしさが伝わって参ります。 このお料理は、「ほどよく冷めたら」がポイントですね。 熱々だと葱の芯が飛び出してきて、やけどしますから(笑)
  • Comment

    • グラニュー糖が焼き色をきれいにしますね。とろっとしたネギの美味しいことと言ったら。今すぐネギ買ってこようって思っちゃいました。

Recipe

317

【レシピ311】より〜
00354菊葉音
2019-10-08

♡【 さて、調味料の分量の中1とか中2ってなんだろう? 大さじ 15、🖤小さじ 5、小さじ1/2 2.5の3つの計量スプーンがありますの問いについて】

[大さじ15、🖤中さじ5、小さじ2.5][小さじ5]を中さじと言って使っていました~私は母から教えてもらい母はおばあちゃんから教えてもらったんだと思います~画像は母と一緒に料理する様になり3回目に私にくれた物で新しい物も沢山買いましたがこれが使い易く気に入っています。小さい頃の1回目2回目に貰ったスプーンはとても大切にして時々磨き眺めては楽しんでいます。混乱させてしまい申し訳ございませんでした~

  • Comment

    • 丁寧な解答ありがとうございました。お互い謎が溶けましたね。ふふふ!勘違いなさっている方が多いので、このページを見て、へーっと驚いている方もいらっしゃるかも。スッキリ‼️

Recipe

316

油フライパン不使用☆ レンチン&グリルでじゃがいものガレット
00353花ぴー
2019-10-08

じゃがいものガレットですが、フライパンで焼かないので油は使いません。

ふつうはじゃがいもを水にさらしてデンプンを抜くのですが、これはチーズで固めているので、浸水させます。

レンチンしてから、魚焼きグリルで仕上げるのですが、

上の焼けた部分はカリッと香ばしく、中のほうはチーズとろ~り♪

<1~2人分>

じゃがいも 2個

塩 胡椒 少々

シュレッドチーズ 軽く2つかみ

ドライパセリ 適量

<作り方>

1.じゃがいもの皮をむいて細切りにし、10分水に浸ける。

2.水気を切り、600Wレンジで2分半加熱する。

3.塩と胡椒で軽く味付けして混ぜ、シュレッドチーズも加えて混ぜる。

4.魚焼きグリルorトースターで8分ほど焼く。

5.ドライパセリを振る。

  • Comment

    • じゃがいものガレットは、じゃがいものデンプン質によって焼き固めるため、水でさらしてしまうと固まりにくくなります。これは、チーズで固めるのですね。ひっくり返す手間がかからないので、ふつうのガレットよりも簡単かもしれません。
  • Comment

    • なるほど!グリル使いですね。油を使わずに済みますね。もっと上手くグリルを使いたい。タイマーをかけておかないと必ず忘れて焦がしてしまう。最近のガスコンロにはボタン1つでいろいろな機能があるようですね。チーズポテトもぐもぐ食べちゃいそう!

Recipe

315

好きな物サッと挟んで簡単油揚げのカリカリ〜副菜!!!〜
00352菊葉音
2019-10-08


焼いた油揚げは外側はカリッと内側からジュワッと旨味が広がる〜ネギ.チーズ.カニカマも加わり普段脇役の油揚げが美味しく華やかになりました〜




【材料・分量・下準備】

⑴油揚げ・・1枚・菜箸など空気を抜くように転がし(淵3箇所)を細く切り離し広げる

⑵長ネギ・・5cm輪切り・ラップし600w20秒加熱する

⑶スライスチーズ・・1枚

⑷カニカマ・・1本


【備考】

⑴長方形の油揚げで3箇所カットしていますいです.油揚げの形により扱い易いようカットして下さい

⑵長ネギは加熱する.しない.白髪ねぎのトッピングなどは好みでお願いします



【作り方】

⑴【材料⑴】の片面に【材料⑵⑶⑷】と(カットした油揚げの端)をのせ.油揚げの片面で蓋をし元の油揚げの形にする

⑵オーブントースターで表面をカリッと焼き食べ良い大きさにカットする

  • Comment

    • オーブントースターで焼いた油揚げ、大好きです。 これは、ちゃちゃっと作るおつまみにも向いていますね。 開いた油揚げに具をのせて、もとの油揚げの形にされていますが、端もしっかりしたくっついていて、しっかりしたきれいに仕上がっていますね。 さすが菊葉音さん!
  • Comment

    • 開いた油揚げに具材を、のせて焼いて元の形に戻すとは!見た目も食べやすさもグッドですね。隣ののり巻きも美味しそう🎵 ちゃちゃっと作れるわりにボリューム感も満足感もありますね。醤油かポン酢をつけるのかな?

Recipe

314

小芋焦がし醤油和え〜副菜!!!〜
00351菊葉音
2019-10-08

余分な味付けはあえてひかえ里芋(小芋)のホッコリ感を味わう〜





[材料・分量・下準備】

⑴冷凍里芋(小芋)・・小さい物10個・竹串がスッと通るくらいまで茹でて置く

⑵ベーコン・・1枚・小さくカット

⑶長ネギ・・10cm・輪切り

⑷サラダ油/醤油/塩少々・・各少々

⑸白ごま・・少々


【備考】

⑴里芋(小芋)は炒めてベーコンの旨味醤油の香ばしさを移し一気に仕上げますので柔らかく茹でて下さい.炒めている過程で柔らかくなるという事は有りません〜



【作り方】

⑴フライパンに油を広げベーコンを炒める

⑵ベーコンがカリッとなったら【材料⑴】を足し炒める

⑶【材料⑶】も足し全体に油がまわったらフライパンの隅に寄せ.空いた所に醤油を垂らし.焦がし.全体に絡め塩もふり味を調整しごまを絡める

  • Comment

    • 茹でた小芋をベーコンと一緒に炒める、ありそうでなかったお料理!! お醤油の焦げた香りの香ばしさとお芋のほっこり感が存分に味わえますね。 若者は煮っころがしよりも、こんな里芋料理を待っているのかも!!
  • Comment

    • 美味しそうな里芋がお店にも並ぶようになりました。ベーコンとねぎ、焦がし醤油。いい香りでついつい手が伸びる一品。 間違いないです!

Recipe

313

大根ケチャップ〜副菜!!!〜
00350菊葉音
2019-10-08

甘酸っぱいケチャップとカレースパイスを少々~仕上げに塩少々で味をまとめた大根〜





【材料・分量・下準備】

⑴大根・・10cm(皮剥いた物110g )・幅3〜5mmいちょう切りを水にくぐらせラップしレンジで600w2分加熱し.ペーパーで水分を取る

⑵オリーブオイル・・大1

⑶クミンシード・・少々

⑷カレー粉 /ガラムマサラ/ ターメリック/合わせて小2分の1

⑸ケチャップ・・大1

⑹オリーブオイル・・中1

⑺塩・・少々

 

【作り方】

⑴フライパンにオリーブオイル.クミンシードを入れ弱火で加熱する

⑵オイルがフツフツ沸いてきたら【材料⑴】を足し炒める

⑶大根に油がまわったら【材料⑷⑸】をふり全体に絡ませて【材料⑺】もふり味を調える

  • Comment

    • 大根は、くせがない食材なので、洋風のカレー味、トマト味にもよく合います。これは、同時に味わえるのですね。 カレーの付け合わせにも合いそうです。
  • Comment

    • 大根とケチャップは、組み合わせたことがありませんでした。頭固くなってます。この審査員をさせていただくようになって、私の固定観念の小ささに改めて気づきます。もっともっと自由に食材を使ってあげなければ!

Recipe

312

柿がアクセント中華風和え物〜副菜!!!〜
00349菊葉音
2019-10-08

柿はとても使い便利〜硬い時から熟すまで〜野菜感覚で食べたりそのままフレッシュで食べたりetc.〜中華風味に和えました〜




【材料・分量・下準備】

⑴春雨・・20g・表示通り茹で食べ良い長さにカット

⑵ 乾燥ワカメ・・10g・表示通り戻し食べ良い大きさにカット

⑶きゅうり・・3cm・スライスして置く

⑷柿・・4分の1個・皮を剥き食べ良い大きさにカット

⑸ごま油/オイスターソース・・各小1

⑹豆板醤・・小2分の1

⑺塩・・ほんの少々


【備考】

⑴きゅうり少々なので塩揉みはしていません

⑵豆板醤は好みの量で調整お願いします


【作り方】

⑴ボールに【材料⑴⑵⑶⑷⑸⑹⑺】全て入れ和える

  • Comment

    • 調味料がとても覚えやすくて、すぐに作れそう! 柿の甘みが加わるので、お砂糖要らずですね。 柿は酸味がない果物なので、そのまま食べていると飽きると言う人が結構多いんですよ。こんなふうに使うとずっとおいしくいただけますね。
  • Comment

    • 柿の季節ですね。私はぐしゅっと柔らかく熟したものが好きですが、家族はさくっと固めが好き。固めの柿は酢の物でさっぱりといただきます。中華風もいいですね。ゴマ油ってほんの少しで何でも中華に変身させてくれます。

Recipe

311

もやし白ごまたっぷり和え〜副菜!!!〜
00348菊葉音
2019-10-08


炒った擦り白ごまのこくと香りを楽しむ簡単和え物〜





【材料・分量・下準備】

⑴もやし・・2分の1袋・サッと洗い熱湯に入れ茹でざるにあける(茹で時間は30秒ほど)

⑵白ごま・・大盛り大2と2分の1

⑶砂糖中1/薄口醤油中2/塩少々

⑷材料外・青ネギ少々

【作り方】

⑴アルミホイルにごまを広げオーブントースターで加熱する(目を離さず時々かき混ぜる/火傷注意)

⑵すり鉢に移しすりこぎで擦り【材料⑶】を足し全体混ぜる(白ごま少々擦らず残して置く)

⑶【材料⑴】をすり鉢に足し和える(味見して調整お願いします)

⑷器に盛り有ればネギなどトッピングする

⑸【作り方⑵】で残して置いた白ごまを食べる寸前に擦って(追いしろごま)をします


【♡ レシピ306 調味料に塩は、必要ありませんか?の問いについて】

砂.糖酢.塩はワンセット. 塩を足す事で味はグッと良くなるのは間違い無く.切り干し大根一度で沢山作る場合塩も必要だと思います。少量食べ切り量10gで超簡単.又ご自分の感覚でさっさと作って頂ければと思ったのとテーマが副菜と言う事で副菜と言う事は主菜が有ると言う事と解釈し簡単ではございますがバックに塩結びと厚焼き卵を入れさせて頂きました〜口の中の塩分で沢庵風味になるかなと思いました〜【備考】の欄に書いていたのですが長くなりすぎ削除しました〜説明不足でした〜

  • Comment

    • 本当にごまたっぷりですね。しかも、もやしという家計の強い味方を使うなんて! これは、お給料日前はもちろんのこと、定番の副菜として活躍しそうです。   また、レシピ306のお塩の説明もありがとうございます。 おいしそうな塩むすびと厚焼き玉子と一緒にいただけば、口中調味が行われますね。 丁寧なご説明とすてきなお写真、ありがとうございます。
  • Comment

    • すり鉢であたるゴマの香りは格別ですね。モヤシの水気をしっかり切って和えることが大事なポイントとなります。あと一品に欲しい一皿です。さて、調味料の分量の中1とか中2ってなんだろう? 大さじ 15、小さじ 5、小さじ1/2 2.5の3つの計量スプーンがあります。