Recipe

330

簡単レタスが美味しい豚肉醤油炒め〜副菜!!!〜
00367菊羽音
2019-10-15


豚バラ肉の旨味をレタスに絡め和風味付けで美味しくさっぱりと〜レタス沢山美味しく食べれます〜フレッシュでは食べ辛い外側の濃い緑白い芯の部分が炒める事で格別美味しいです〜





【材料・分量・下準備】

⑴レタス・・(80g)・・洗い手で千切り水を切って置く

⑵豚バラ肉スライス・・(50g)・・食べ良い大きさにカット

⑶サラダ油・・(少々)

⑷鰹節/青のり・・(適量)

⑸醤油・・(10ml~好みで)

⑹紅生姜みじん切り・・(少々)


【備考】

豚バラ肉を加熱する事で脂が出ますからサラダ油は控え目で良いと思います


【作り方】

⑴フライパンに油を広げ肉を焼き続けてレタスを足し炒める

⑵【作り方⑴】をフライパンの端に寄せ空いた所に醤油を垂らし香りが立ったら全体に絡める

⑶【材料⑷⑹】をトッピング

  • Comment

    • 鰹節、青のり、紅生姜・・・これはお好み焼きとかたこ焼きの風味がするのですね。 レタスを炒めて食べる時は、ついついオイスターソースで味付けしてしまうので、新鮮な驚きでした。真似します!!
  • Comment

    • ほんと‼️レタスいっぱい食べられますね。鰹節、紅生姜。間違いなく美味しい。彩りもきれい。加熱したレタスはすぐに茶色くなりやすいので、できたてを食べたい!

Recipe

329

茄子絹揚げ豚コマの酸っぱオイスターソース炒め〜副菜〜
00366菊羽音
2019-10-15

【材料・分量・下準備】

⑴茄子・・1本・・下手を落とし乱切り.レンジで少し柔らかくして置く

⑵絹厚揚げ・・1枚(100g)・・一口大に切る

⑶豚バラコマ肉・・(50g)

⑷ごま油・・(15ml)

⑸生姜チューブ・・(2.5g)

⑸調味料・・オイスターソース(15ml)砂糖(3g)レモン汁(15ml)塩(2g)・・全て合わせ好みの味に調整して下さい

⑹仕上げ用・・白ごま.青ネギ(各適量)





【作り方】

⑴フライパンにごま油生姜を入れ油が少し温まったら肉を炒める

⑵茄子厚揚げを足し炒める

⑶【材料⑸】を入れ全体混ぜ蓋をする

⑷蓋を開け水分をとばし全体混ぜる

⑸器に盛り白ごま青ネギをトッピングする

  • Comment

    • レモンの酸味、砂糖の甘み、オイスターソースのうまみ、いったいどんな味になるのだろうと興味津々。タイ料理のような味わいになるのでしょうか? 副菜としてももちろんですが、丼にしてもおいしそうですね!
  • Comment

    • オイスターソースにレモン汁の酸味を加えて爽やかな仕上げ。冷蔵庫にいつもある食材で作れそう。こんなお料理が食卓に出てくるとホットしますね。

Recipe

328

カリカリ釜揚げしらすふりかけスタイル〜副菜!!!〜
00365菊羽音
2019-10-15

ふわふわしらすに飽きたらカリッと食感のしらす〜カレー風味もほんのり効いてご飯につまみにと大活躍〜ベーコンカニカマおまけして.何処にも売ってない手作りならではのお家カリカリしらすふりかけ〜大葉の香りもいい感じ〜




【材料】

⑴釜揚げしらす・・(100g)

⑵オリーブ油・・(15ml)

⑶ベーコンスライス・・(1枚)・小さくカット

⑷カニカマ・・(1本)・4等分にカットしほぐす

⑸大葉/カレー粉・・(各適量)・大葉千切り


【備考】

⑴しらすは炒るほどに水分が飛び旨味がより凝縮されカリッとなります.カリッと言っても炒りすぎますとしらすが縮み味が落ちます.途中味見しながら加減して下さい



【作り方】

⑴フライパンに油を温めベーコンを炒めしらすも足し弱火で水分を飛ばしながら炒る

⑵カリッとなったらカニカマを足しカレー粉をふり全体に馴染ませる

⑶火を止め大葉を散らす

  • Comment

    • 釜揚げしらすを炒るのって、フライパンにひっついてしまって意外と大変なのですが、これはオリーブオイルとベーコンの脂で炒めやすくなりますね。 噛み応え、食べ応えのあるふりかけは立派なおかずですね。 最後に大葉を加えることで「大人のふりかけ」に昇格している気がします。 子どもから大人まで、すてきなご飯のお供だと思います。
  • Comment

    • カレーで炒める。黄色がきれい。それにしても、上手にかりっとさせていますね。写真を見ているだけで美味しそう!アイデアをイメージ通りに調理できると、料理が楽しくなりますね。

Recipe

327


00364
2019-10-14


Recipe

326

サクサク油揚げで♪ かぼちゃのひとくちサラダパイ
00363花ぴー
2019-10-14

油揚げを手綱状にしてフライパンでサクサクに焼き、その上にツナ入りのかぼちゃサラダをのせたひとくちサラダパイです。

パイ生地の代わりに油揚げを使い、糖質ダウン。

サクサク油揚げとねっとりかぼちゃが、楽しく美味しいです。

<3人分>

かぼちゃ 250g

ツナ缶(ノンオイル) 35g

油揚げ 3枚

塩 胡椒 少々

マヨネーズ 大さじ1

パプリカパウダー 適量

<作り方>

1.かぼちゃをラップでくるみ、600Wレンジで3分加熱し、皮を残して中身をくりぬいてマッシュする。

2.塩、胡椒、ツナ、マヨネーズを入れて混ぜる。

3.油揚げを4等分に切ったら、真ん中に切りこみを入れて、手綱状にし、フライパンでサクサクになるまで焼く。

4.油揚げの上に2をのせ、かぼちゃの皮をのせる。お好みでパプリカパウダーを振る。

  • Comment

    • パイ生地の代わりに油揚げを使うと言うアイデア、素晴らしいです。 「3」の工程がどういう状態なのかよく理解できず、申し訳ありません。 「手網」は魚を獲る「タモ」のことでしょうか?
  • Comment

    • 手綱こんにゃくの作り方ですね。ねじりをいれると立体感が出ていいですね。ステキなアイデアです。かぼちゃの皮のトッピングがかわいい‼️

Recipe

325

タピオカミルクティケーキ
003621cchie
2019-10-13

くるみ入りのビスケットを細かく崩して下に敷きます。

ほうじ茶ミルクティ250mlに大さじ4程度の黒蜜、ゼラチン5gを溶かして1層目を注ぎ固めます。

2層目にはほうじ茶ミルクティ250mlのみをゼラチン5gで。

3層目には1時間茹でたカラフルタピオカを敷き詰めます。1番上の層には砂糖大さじ1とゼラチン5g、水250ml。

  • Comment

    • タピオカ人気はまだまだ衰えません。我が町にも最近オープンして長蛇の列です。飲み物をゼリーケーキにしてしまうなんて、素晴らしい。見た目のつぶつぶもかわいいですし、食感も楽しいでしょう。ほうじ茶に黒蜜でアクセントをつけるところは、手を抜かないこだわりの1cchieさんらしさですね。
  • Comment

    • 人気のタピオカとほうじ茶ラテが合体してケーキに! これは、幅広い年代層の女性に好まれそうです。 私は1990年代の第一次タピオカブーム(今のものより小粒で、スプーンですくって食べていました。)からのタピオカファンなので、「食べる」形のタピオカはとてもうれしいです。

Recipe

324

ロコモコ丼
00361えみ
2019-10-12

クアアイナのハンバーガーのようなハンバーグにデミグラスソースとサラダ卵をトッピングしてハワイのロコモコ丼のできあがり


Recipe

323

プルーンクリームチーズ
003601cchie
2019-10-12

半分に割ったプルーンにクリームチーズを挟み、

オリーブオイル、岩塩をふりかけます。


台風は大丈夫でしょうか。火や電気、ガスなどを使わず簡単に作れるおつまみ系副菜をご紹介です。


しょうゆを最後に垂らしても美味しかったですよ。

  • Comment

    • プルーンがあります。台風の長い夜。おつまみに作ってみましょう。 大きな被害が出ませんように。
  • Comment

    • プルーンの濃厚な甘みにクリームチーズ。これだけでもおいしいのに、オリーブオイルがコクを加え、岩塩が良いアクセントになっていますね。 私の地域にまもなく台風上陸です。

Recipe

322

トリュフチーズのミートパイ
003591cchie
2019-10-12

ひき肉50gにケチャップ小さじ1、赤ワイン大さじ1、トリュフ塩小さじ1/2でアルコールが飛ぶまで煮詰めます。

パイ生地をお好みの形に成型し、卵を塗ります。

フィリングは汁気を切ってたっぷりのせ、

さらにトリュフ入りのブリーチーズをたっぷり重ねます。

オーブン200℃15分で完成です。

  • Comment

    • トリュフ、ブルーチーズ。これはこれはなんとも豪華な一品ですね。美味しさの想像すら出来ません。
  • Comment

    • お料理の写真を拝見すると、とてもハイレベルなお料理で「無理~!!」と言いたくなりますが、レシピを読むと手に入りやすい食材で「作ってみよう!」という気持ちになるお料理ですね。

Recipe

321

パイで包んだ パッパ・アル・ポモドーロ・カリー
003581cchie
2019-10-12

変則的なカレーパン。いわゆるカレーパン粥です。


にんにく2片、唐辛子1本をオリーブオイル大さじ3でじっくり弱火で炒めます。

ホールトマト缶1/2を加えて崩しながら煮込み、水200ml、コンソメキューブ1個、塩ひとつまみ、フランスパンまたは食パンを100gほどちぎって加え煮込みます。


ここまではフィレンツェ名物のパッパアルポモドーロ。


そこから大きくアレンジしてききます。

カレールー1かけ、ローリエ1枚、ガラムマサラはお好みで。

フライパンにオリーブオイル大さじ1にクミン小さじ1、マスタードシード小さじ1/2をいれて炒め、香りがたってきたら、オイルごと鍋に追加。


マグカップに注ぎ入れ、中央にベビーチーズ1/2個ずつを刺し入れ、

パイ生地で蓋をして卵液を塗り、オーブンで200℃15分。

これで完成です。

カレールーをベースに

  • Comment

    • カレーパン粥。こんな一言では収まらないですよ。様々なスパイスとトマトやオリーブオイルの旨みがぎっしり。、なんて贅沢な一品でしょう。一言で言うなら、食べてみたいなー。
  • Comment

    • フィレンツェ名物にカレーを加えるだけでも驚きなのに。それをマグカップに入れて、パイ生地で蓋をするとは!大きなアレンジどころか、メガ級のアレンジですね。食べてみたいです。