Recipe

219

食べる味噌汁
002531cchie
2019-07-19

この時期しか食べられない、わかめの若芽を楽しむ。


豆腐150g

豆乳100ml

ゼラチン5g

わかめの若芽


ミキサーで豆腐と豆乳をペーストにし、ゼラチンを加えて沸騰させないように温めます。


わかめの若芽は、柔らかい茎とわかめを同時に楽しむことができます。小さめに刻み、型の底に敷き詰めたら、豆腐液を注いで固めます。


みそ、みりん、酒、砂糖で味噌だれを作り、固めた豆腐の上にかけ、バーナーで軽く炙ります。


最後に紫蘇の花穗を飾って完成です。


ゼラチンは体温で簡単に溶けます。豆乳を加えて緩めに作った豆腐は、口の中で解れ、味噌だれと混じりあって味噌汁になります。


  • Comment

    • 「食べる味噌汁」というネーミングから、具だくさんのお味噌汁を想像していましたが、「ゼラチンで固めたお豆腐が、口の中で解かれ、味噌だれと混じり合って味噌汁になる。」という演出に驚かされました。 素晴らしいアイデアです。 料亭で出てきてもおかしくない上品な一品ですね。
  • Comment

    • なぜ豆腐をわざわざ豆乳で緩めるのか?とレシピを読み進めてびっくり。味噌汁を口の中で作り出すなんて。素材を知り化学を使い、五感で感じる料理。勉強になります。
  • Comment

    • ビックリしました 暑い日の作ってみたい一品です

Recipe

218

ズッキーニとパプリカのぺペロン風
00252kokorinko
2019-07-19

野菜が主役のぺペロン風味の一品です。

目分量で手軽に作れちゃいます。

材料・1人分

ズッキーニ1/2本・パプリカ1/6個・干し桜えび

大さじ1・ニンニク1片・赤とうがらし少々・

オリーブオイル少々・塩少々

作り方

1.ズッキーニは、ピーラーで薄切りにする。

パプリカは薄切りにする。

2.フライパンにオリーブオイルを熱し、薄切りのにんにく、種を取り出し薄い輪切りにした赤とうがらしをパリッと炒め、1、塩を加え、炒め合わせ、しんなりしたら火をとめる。

3.2に干し桜エビを加え混ぜ合わせる。

  • Comment

    • このままパスタの具になりそうですが、ピーラーで薄切りにしたズッキーニがパスタの代わりにもなりますね。野菜が主役なので、たくさんいただけて、低カロリー。 パプリカには、ビタミンCがたっぷり含まれるので、紫外線が気になるこの時期にうれしい食材です。
  • Comment

    • 野菜たっぷりメニュー。ニンニクの香りで、モリモリ食べられそうですね。また、干し桜エビが抜群に良い‼️お家にある野菜ですぐ作りたいです。

Recipe

217

茄子粒マスタード炒め残りで簡単もう一品〜茄子PART10〜
00251菊葉音
2019-07-19

ほんの少しでも捨てるのは勿体ない~しかしながら若干飽きた感も見え隠れする~牛肉足してイメチェン~気分転換です~美味しかったです


[材料・作り方]

⑴フライパンで(牛こま肉100g)を炒め色が変わったら(砂糖・酒・醤油適量)で甘辛く炒り上げる

(茄子粒マスタード炒めの残り)を足し絡める

  • Comment

    • 牛肉の佃煮風の味付けでイメチェン。最後まで食材を無駄にしない姿勢が素晴らしいです。
  • Comment

    • えらい!えらい! 同じ物をテーブルに並べないというポリシーが素晴らしい。そして、その変身も前のメニューに負けない美味しさに完成させてることも素晴らしい。

Recipe

216

茄子粒マスタード炒め残りで簡単もう一品〜茄子PART10〜
00250菊葉音
2019-07-19

[材料・分量・下準備・]

⑴茄子・・1本・・乱切りにし暫く水に浸けてザルにあけ水分を取る

⑵きゅうり・・1本・・乱切り

⑶フランクフルト・・3本・・斜め切り

⑷サラダ油・・大1

⑸水・・少々

⑹粒マスタード・・大1〜(MAILLE種入りマスタード)

[備考]

⑴きゅうりはフレッシュで食べられるので茄子に火が入ったら良いと思います

⑵フランクフルトの塩分旨味が有りますから塩などはふっていません

⑶クタクタになる迄炒めずサラダ感を出しています


[作り方]

⑴フライパンに油をを広げ[材料⑴⑵⑶]を炒める

⑵全体に油が馴染んだら水を入れ蓋をして蒸し焼く

⑶水分が無くなり好みの感じで茄子に火が入ったら[材料⑹]を加え全体に絡める

⑷器に盛り[材料⑹]を後のせする(好みです)


Recipe

215

茄子きゅうりフランクフルト粒マスタード炒め〜茄子PART
00249菊葉音
2019-07-19

[材料・分量・下準備・]

⑴茄子・・1本・・乱切りにし暫く水に浸けてザルにあけ水分を取る

⑵きゅうり・・1本・・乱切り

⑶フランクフルト・・3本・・斜め切り

⑷サラダ油・・大1

⑸水・・少々

⑹粒マスタード・・大1〜(MAILLE種入りマスタード)

[備考]

⑴きゅうりはフレッシュで食べられるので茄子に火が入ったら良いと思います

⑵フランクフルトの塩分旨味が有りますから塩などはふっていません

⑶クタクタになる迄炒めずサラダ感を出しています


[作り方]

⑴フライパンに油をを広げ[材料⑴⑵⑶]を炒める

⑵全体に油が馴染んだら水を入れ蓋をして蒸し焼く

⑶水分が無くなり好みの感じで茄子に火が入ったら[材料⑹]を加え全体に絡める

⑷器に盛り[材料⑹]を後のせする(好みです)

  • Comment

    • なす、きゅうり、フランクフルトの切り方が揃っていて、見た目もかわいらしいです。ホッとサラダの感覚でいただけますね。
  • Comment

    • フランクフルトと、茄子やじゃがいもはよくやりますが、きゅうりは初めて!そう言えば中華ではきゅうり炒めってありますね。はっとするアイデアに感心致します。

Recipe

214

ナムル甘酢生姜和え残りで一口ふくさ寿司〜茄子PART8〜
00248菊葉音
2019-07-19

[材料・作り方]

(PART⑺ナムル少々を刻む/その汁)と(ご飯大さじ大盛り1シラス白ゴマ少々)を混ぜ酢飯にしラップでまとめ(薄焼き卵)にのせ四角に形を作り左右上下卵を折り.折り目を下に器に盛る(人参きゅうりマヨネーズ)

  • Comment

    • ナムル甘酢生姜和えをご飯に混ぜれば簡単酢飯になりますが、 それを玉子焼きで包んでふくさ寿司にするところに、お子さんに対する愛情を感じます。 夏休みのお昼ごはんに、お子さんと一緒に作っても楽しいですね。
  • Comment

    • 可愛いお弁当になりました!子供の幼稚園のお弁当に、薄焼き卵でセーラームーンの髪の毛作りました。アンパンマンやなんとかレンジャーなど、おにぎりのキャラ弁毎日楽しみました。20年以上前のお話ですが。おにぎりの中に細かく切った野菜を入れたなー!

Recipe

213

きゅうり茄子のナムル〜甘酢生姜和え〜茄子PART7〜
00247菊葉音
2019-07-19

[材料・下準備・作り方]

⑴(きゅうり茄子)は小さく切って(塩少々)し暫く置く

⑵⑴の水分を絞り(甘酢漬け生姜・汁も含)と和え(白ゴマ)をふる

[備考]

⑴材料は食べたい量でお願いします.

⑴甘酢漬け生姜は市販の(しんしん甘酢しょうが)を使っています.作り置きはあまりおススメしません.少し作ってサッと食べ切ります

  • Comment

    • 甘酢漬け生姜を調味料も兼ねた食材として使われているアイデアが素晴らしいです。食欲のない時も、これでご飯がすすみますね。お素麺に添えても良いかもしれません。
  • Comment

    • ピリッとさっぱり生姜の甘酢漬け。毎年新生姜の季節に作りますが、カレーに添えたりいなり寿司に添えたり、箸休めに嬉しいです。夏野菜を加えると立派な一品になりますね。

Recipe

212

きゅうり茄子簡単ナムルピリ辛でもう一品素麺〜茄子PAR6〜
00246菊葉音
2019-07-19

火照ったお口を冷た〜い素麺で癒しましょう~でもまだ食べたいと希望するのでそれではとピリ辛ナムルをトッピングしました~私も食べてかなり美味しかったです~



[材料]

きゅうり茄子のナムルピリ辛の残り・素麺・大葉

  • Comment

    • これは、間違いなくおいしいでしょう。 素麺、中華麺、パスタ何でも合いそうですね。

Recipe

211

きゅうり茄子の簡単ナムルピリ辛〜茄子PART5〜
00245菊葉音
2019-07-19

[材料・下準備・作り方]

⑴(茄子きゅうり)小さく切って(塩少々)ふって置く

⑵(味ぽん.豆板醤.ラー油.辛子)を合わせて置く

⑶⑴をしっかり絞り⑵に和える

⑷器に盛り(白ゴマ)をふる

[備考]

⑴茄子きゅうりの量.調味料も好みでお願いします

  • Comment

    • 味ぽん.豆板醤.ラー油.辛子 どれも冷蔵庫にあるものばかりですね。 これを使って、ナムルを作ってしまうなんてお見事です。 梅雨が明けて、きゅうりとなすがたくさん採れる日が来たら、試したいです。

Recipe

210

おチビ様用・茄子でピザスタイル〜茄子PART4〜
00244菊葉音
2019-07-19

揚げ物などの合間に使った茄子の簡単な一品です

大人メニューに退屈し茄子が嫌いにならないよう・食べないとダメなんて言わないようこんなのもあるよ~と逃げ道を準備して置く~好きなの食べてね~(全て茄子だから~これはないしょ笑)~



[材料・作り方]

⑴(茄子)は下手を落とし皮を剥きスライスしレンジで柔らかくして置く

⑵スキレットに(オリーブオイル)を広げ[材料⑴]を軽く焼き火を止める

⑶続けて(ベーコン・ピーマンパプリカ・ピザ用チーズ)を順次並べオーブントースターでチーズが溶けるまで焼く

[備考]

⑴手のひらサイズのスキレットです.材料は全てほんの少しです

[分量]は各適量とさせて頂きます

⑵プチロール・バナナスライス・サラダ菜

  • Comment

    • ・カラフルな野菜を使って見た目も楽しい。 ・小さめのスキレットで作ることで、「残さずに食べられた!」という達成感を味わえる。 ・たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCが揃っており、夏バテ対策にもなる。 何よりも野菜嫌いにならないように、お子様を思う温かな気持ちが伝わってきます。
  • Comment

    • スキレットは見た目も 、食べたくなるサイズ感も、少量感も、お子さんにも優れものですね。ピザ風ならなすも喜んで食べちゃいますね。アイデアが素晴らしい。