Recipe

269

花咲く無花果とナッツのロースト
003041cchie
2019-08-30

イチジクの皮を剥いて十字に割き、クルミとカシューナッツを差し込んでオーブンで焼きました。

仕上げにはちみつをたっぷりとかけて完成です。

  • Comment

    • いちじくは女性に食べて欲しい効用がたくさん。ナッツとの組み合わせも抜群。ハチミツをかけたことがないので、いちじく見かけたらやってみましょう。
  • Comment

    • いちじくの水溶性食物繊維ペクチンとナッツの不溶性食物繊維で、腸内美人になれますね。いちじくにはポリフェノールもたっぷりなので、アンチエイジング効果も期待できます。意識の高い女性に好まれるお料理ですね。

Recipe

268

押し花ホットサンド
003031cchie
2019-08-30

エディブルフラワーとともに、スライスチーズとツナサラダを挟んだパンをホットサンドに。

見た目にも可愛らしい🌸押し花サンドです。

  • Comment

    • ホットサンドを作る際に、エディブルフラワーも一緒に挟んで焼くとは! 具だけでなく、パンの外観に気を配るとはさすがです。 食べるのがもったいない、見た目もかわいいホットサンドですね。
  • Comment

    • 焦げずにキレイな色がそのままなんですね。オシャレなホットサンド、パーティーメニューにしたいです!

Recipe

267

SHISHAMO春巻
003021cchie
2019-08-30

ししゃもを丸ごと大葉と春巻きの皮に包んで揚げる。

魚卵の食感がとても美味しい。

  • Comment

    • ししゃもは丸ごと食べられるので、揚げて南蛮漬けやマリネに使っています。その時、周りに小麦粉をつけ忘れたことがあり、揚げている時に中から卵が飛び出してきました。あの「爆発」には大変驚きましたが・・・。 こちらは、春巻きの皮に包んで揚げているので、「爆発」は防げますか?(笑) 大葉も一緒に包むことで、魚臭さも消すことができますし、良い香りが加わりますね。
  • Comment

    • シューマイの皮を巻いて焼き揚げます。春巻きの皮だと、全部まるごと包めますね。冷めても美味しいと思います。

Recipe

266

ハチ蜜Lemonパプリカ
003011cchie
2019-08-27

feat.米津玄師(ハチ)


黒く皮を焼いたパプリカをハチ蜜とLemonに漬け込んだ、甘酸っぱいピクルスです。

  • Comment

    • なるほど、パプリカなので米津玄師さんなのですね。 みんなのうたの「パプリカ」同様、ちびっこにも好まれるピクルスだと思います。
  • Comment

    • 娘がハチ時代から米津さんの大ファンで我が家にはその頃のアルバムが何枚もあります。有名になると興味なくなってしまったようですが。パプリカとレモンにハチみつとはなかなか面白い。私は馬と鹿みたいに大笑い!

Recipe

265

チョレギ枝豆
003001cchie
2019-08-27

エスビーのチョレギサラダパウダーを枝豆にかけると、あっという間にいつもの枝豆が、よりビールに合うひと皿に。

冷凍物でもいいですが、この時期は茹でたてを楽しみたいですね。

  • Comment

    • 一時期、ガーリックなどを使ったスパイシー枝豆が流行ったことがありましたが、このパウダーを使うと簡単にできますね。
  • Comment

    • ドレッシングやスパイスパウダー、いろいろな種類がありますね。素材の味にプラスしてアレンジしたり、調味料として使う方法があれこれ。美味しいものに出会えた時嬉しくなります。チョレギサラダパウダー、探してみようっと!

Recipe

264

ミックスナッツの瞬間燻製
002991cchie
2019-08-25

ミックスナッツは150℃10分オーブンで焼く。

シナモンスティックに火をつけ、ミックスナッツの上に置き、ガラスボウルで蓋をする。

  • Comment

    • シナモンスティックがスモークウッドの代わりになるんですね。 こんな燻製のやり方もあるとは!! 1cchieさんのアイデアには驚きの連続です。
  • Comment

    • シナモンチップの燻製ということですね。シナモンの大人の香りにカリカリのナッツ。奥様とワイングラスを重ねるのかしら?そんなシーンを想像してしまうほどステキな一皿です。ビール飲んでお腹出して寝てる旦那さまと暮らしてると、絶対思いつかないなー。ふふふ

Recipe

263

アーティチョークの大輪
002981cchie
2019-08-25

お酢を入れたお湯でアーティチョークを30分茹で、花弁を美しく盛り付ける。

アンチョビとマヨネーズを合わせたソースにディップしていただく。

  • Comment

    • 一度アーティチョーク料理に挑戦したことがありますが、あまりにも「労多くて功少なかった」ため、その後試したことがなかったのですが、こんなに美しくなるのですね。お見事の一言に尽きます。
  • Comment

    • 素晴らしい大輪が咲きました。アーティーチョークは家庭料理の域を越えた食材なので、私はチャレンジしたこともありません。デパートでしか見たことないんですもの(笑)

Recipe

262

カルパスッチョ
002971cchie
2019-08-23

太めのカルパスをスライスし、オリーブオイル、マヨネーズ、パセリ、黒胡椒をかけるだけ。

わずか1~2分で作れる時短おつまみ。

ものすごく時短な副菜なのに、ものすごく美味しいレシピです。



カルパッチョは元々肉料理。

マヨネーズをベースにしたソースをかけるのがトラディッショナルなチプリアーニ風の調理法。

赤と白のコントラストを楽しむひと皿です。

カルパスで作ったカルパスッチョも、チプリアーニ風を意識したものです。

  • Comment

    • カルパスのカルパッチョで「カルパスッチョ」ですか? 相変わらず、ネーミングのセンス抜群ですね! カルパスはサラミよりも水分量が多いので、こんなふうにきれいにスライスできるのですね。カルパス、オリーブオイル、マヨネーズと油分が気になりますが、お酒には合うんだろうなぁ・・・。禁断のおつまみですね。
  • Comment

    • カルパスッチヨという名前の料理があるのかと思いました。オリジナルネームなんですね。ビールもワインもすすみそう。赤と白のお皿というのも素敵ですね。

Recipe

261

桜エビチリ
002961cchie
2019-08-22

ぷりぷりの食感が特長のはずのエビチリを、桜エビで作ってみたらどうなる??


そんな好奇心からできたレシピです。桜エビの風味と食感が美味しく、新感覚のエビチリになりました。


桜エビをごま油で軽く炒め、みりんを加えて優しい甘さで作ったソースを加える。

とろみがつくまで煮込み、ネギを加えて完成。


そのままおかずとして食べるだけでなく、中華風のソースとしても活用できそうなポテンシャルを秘めたレシピです。


麻婆黄瓜の小ネタに気付いていただきありがとうございます。中国語では黄瓜ですからね。

  • Comment

    • 今年も春の桜えび漁が中止になりました。今では、本当に貴重な桜えび。 これは、普通のエビチリよりもずっと贅沢なものかもしれませんね。 桜えびは、うまみいっぱいの食材ですから、これは素晴らしい中華風のソースとしても活用できるでしょう。 しかし・・・。贅沢すぎる~!! (*'▽') ★静岡の審査員より
  • Comment

    • 桜エビをこんなにたくさん!私も贅沢過ぎるって悲鳴あげちゃいました。豆腐にちょっと桜エビで真似してみたいと思います。😄😄ソースにもスープにもいろいろプラス出来そうですね。
  • Comment

    • 桜エビをエビチリにするアイデア素晴らしいです 考えた事もありませんでした。 豆腐やサラダにかけても美味しいそうですね

Recipe

260

スイカ🍉の皮のスティックフライ
002951cchie
2019-08-21

スイカの皮は、硬い緑の部分と、赤い果肉を削ぎ落とし、白い部位だけにします。

袋に皮を入れ、たっぷりの塩で揉みこんで1晩おき、漬物にします。


袋から出して1時間ほど水に浸して塩抜き。このまま漬物として食べても美味しいですが、

これに片栗粉をまぶして、油で揚げると、塩味の効いたいいおつまみになります。

  • Comment

    • スイカの皮レシピは、いろいろありますね。漬物、揚げ物。切り方によっても食感が異なるでしょう。チャレンジレシピまだまだ出来そうですね。1cchieさんのセンスで簡単で美味しくて映える?レシピ、教えてくださいね。
  • Comment

    • スイカの皮の漬物まではやったことがありますが、それを揚げておつまみにするとは!!今回も、その発想に驚きました。