Recipe

637

審査員
00705審査員
2021-05-01


Recipe

636

競りの目玉
007041cchie
2021-04-29

おおよそ料理名とは思えないネーミング笑


どんな料理かわかりましたか?



答えは、セリとマグロの目玉👀の煮付けです。


DHA、EPAたっぷり、栄養満点の目玉に併せるは、春の香り豊かな旬のセリ。

冬の鍋物や七草の影響で寒い季節が旬と思われがちなセリですが、今の季節が美味しい季節。

セリの根とともに煮込むことで、魚臭をマスキングし、とても食べやすい煮付けとなります。

通常であればネギが務める役割をセリが担っており、そこに清涼感のある個性が生まれます。


マグロの目玉 2個(1尾分)

生姜 1かけ

しいたけ 4個

セリ 1束

砂糖 大さじ2

しょうゆ 大さじ2

本みりん 50cc

調理酒 100cc


マグロの目玉は、湯引きして臭み消しをした後、生姜、しいたけ、砂糖、醤油、本みりん、調理酒を加え、落し蓋して弱火で10分程度煮込みます。

落し蓋を外し、セリの根を入れ、さらに5分。日を止めてセリの茎と葉を加え、余熱でしんなりしたら完成。

盛り付け用に少しだけ、フレッシュなセリの葉を残しておき、飾ります。


セリは根菜と言えるほどに、根がうまい。

煮込みの加減を調整し最後に加えてあるため、シャキシャキとした茎も楽しめます。


アラの煮付けの味付けはいつも、地元博多の本みりん多めな甘辛味。

しょうゆも甘みの強い福岡のうまくちしょうゆを使用しています。


地元の味をベースにインパクト抜群の目玉、そして香り豊かなセリを重ねました。

食べると元気になること間違いなしの、あわよくば頭も良くなる?逸品です。

  • Comment

    • これは本当にインパクトの強いお料理ですね。 せりの根っこをいただいたことがないのですが、テレビ番組であのシャキシャキした音を聞いていると、香りまで伝わってくる気分です。 せりの根っこが臭い消しの役割を果たすだけでなく、清涼感も加えるこのお料理、ぜひいただいてみたいです。 地元の調味料も上手に使いこなしていらっしゃいますね。
  • Comment

    • ネーミングの面白さと、驚きの食材の組み合わせ。さすがとしか言えません。目玉の独特の生臭さを芹で消すとは!芹の根っこは昔から美味しいと言われています。ただ泥臭さを落とすまでしっかり洗わないとと思うとなかなか手が出ませんでした。1cchieさんのレシピを見ていつも思います。食材と真摯に向き合う姿、丁寧な一つ一つの仕事、食べる人へのサプライズと感動の仕掛け。知識と経験と調理への愛。本当に素晴らしい❗

Recipe

635

ワカメ味噌汁定食
00703れいか
2021-04-29

夏の暑くて食欲がなくなる時も、ワカメとヒジキをシッカリ食べて免疫力up!!して元気が出るメニューです!!

是非、夏の熱くて食欲が無いけど元気に動かなければならない時の、おすすめメニューです。

  • Comment

    • こんな朝ご飯、元気が出そうですね。 せっかくのお料理です。煮物も含め、レシピをご紹介ください。

Recipe

634

地味なヒジキが免疫が高い定食
00702れいか
2021-04-29

・和風ハンバーグ

・唐揚げ

・豆腐

・ヒジキ

・御飯

・味噌汁

  • Comment

    • タイトルが「地味なヒジキが免疫が高い定食」となっていますが、「地味なヒジキが免疫力を上げる定食」ということをおっしゃりたいのでしょうか? その割には、ヒジキは付け合わせの煮物にしか使われていませんね。 ハンバーグやご飯に混ぜるとか、もっと使われると良いと思います。

Recipe

633

ユッケ
00701れいか
2021-04-29

食品ス一パ一に売っていたユッケに海苔と長ネギをのせました。

サッパリとして食べやすいです。


Recipe

632

カルビ免疫力up!!
00700れいか
2021-04-29

口の中に入れた瞬間、直ぐに溶けて体に浸透します。直ぐに栄養になります。


Recipe

631

炎の肉
00699れいか
2021-04-29

生肉を焼いて食べるのは凄く原始的ですが、これが私達日本人を大昔から元気にさせてくれるんです。

  • Comment

    • 飛鳥時代の675年に肉食禁止令が発令されてから、1200年間日本人は肉を食べることが許されませんでした。明治時代になってようやく解禁されました。牛鍋を初めて食べた時どんなに驚いたことでしょう。豚肉は堅くて食べられたものではなかったので、品種改良されておいしくなったのはまだ120年ほど前のこと。日本はお米の国です。れいかさんにとっては、[るろうに剣心]の世界は大昔かしら?

Recipe

630

ふる里の味 佐世保バ一ガ一
00698れいか
2021-04-25

「材料」

パン

レタス

トマト

玉ねぎ

ハンバーグ

「作り方」

①パンを焼く

②ハンバーグを焼く

③パンにハンバーグと玉ねぎとトマトとレタスを挟む

④完成

  • Comment

    • パンを焼く。ハンバーグを焼く。はさむ。 気持ちが良いほど簡単。 残念ながら、これはれいかさんのメモ。 レシピとは処方箋という意味です。分量と手順が書かれていて、そのとおりに作れば誰でも同じように出来上がるものでなければなりません。 せっかく応募してくださったのですから、皆さんにも美味しい佐世保バーガーのレシピ教えてくださいね!
  • Comment

    • 佐世保バーガーの定義は、『ひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める(作り置きをしない)」こだわりのハンバーガーの総称」』となっています。 れいかさんの古里の味は、どのお店のハンバーガーでどんな思い出があるのか、それが伝わってこないのが残念です。

Recipe

629


00697
2021-04-25


Recipe

628

鶏むね肉の軽い煮込み 香ばしい干しエビと椎茸の和風仕立て
00696Rin
2021-04-25

【配合】二人分

・椎茸 50g(3ケ)

・白ネギ 60g

・干しエビ 15g

・鶏むね肉 1枚(300g)

・水 300ml

・かつおだし顆粒 3g

・白だし 20ml

・清酒 30ml

・みりん 20ml

・おろし生姜 5g

・こいくち醤油 20ml

・酢 8ml

・黒コショー 適量

・片栗粉 6g (同量の水で溶く)


【作り方】

①椎茸は、ガクを取り軸を縦半分、笠をスライス/白ネギを50gをみじん切り、10gを小口切りにする

②干しエビをフライパンで乾煎する(油は絶対に敷かない)

③全体が8割程度茶色く色づいたら、小鍋へ移す

④<③>の小鍋に、水・酒・みりんを入れ一度沸騰させる

⑤沸いたら、かつおだし顆粒、白だし、生姜、醤油を入れる

⑥<②>でエビを煎ったフライパンに、分量外油を敷き温める

⑦鶏むね肉の皮を香ばしく焼く。全面が強めの狐色になったら火を止め肉を裏返す。全体が白っぽく色ついたら、<⑤>の鍋に身側(皮上)を下にして入れる

⑧<⑦>の鍋を一度沸騰させ、表面がぽこぽこするくらいの弱火に落とす。そのまま20〜23分火を通す(フタはしない)

⑨肉を取り出し、液体に、酢・コショーを入れ、軽く沸騰させながら水で溶いた片栗粉を流しいれ濃度をつける

⑩肉を切って皿にもり、ソースをかけ残りの10gのネギを飾る


【ポイント】

主食材には、鶏むね肉、干しエビ、椎茸、ネギ、生姜の免疫食材だけを使い、相性の良い組み合わせで考えました。

材料はどの家庭にもあるようなもので出来ますが、工程には1手間加え、1つ1つの素材の味を感じ取ることが出来ます。

干しエビは、乾煎することでエビ特有の香ばしさをプラスし、鶏皮は、パリッと香ばしく焼くことで食感も生きてきます。さらに煮込む時にフタをしないので皮が柔らかくなることを防いでおり、肉質はしっとりと仕上がります。

調理時間は30分程度で出来るとても簡単な料理ですが、要所にフランス料理の技法を取り入れ、一段と素材が活きた味わいを楽しむことが出来るようになっています。

見た目とは逆に、塩分もどちらかというと薄味で、香ばしいのに優しい味わいを感じる、食べると落ち着く素朴な味わいを感じられると思います。

  • Comment

    • 干しエビはうまみを含んでいます。 そして、「干しエビは、乾煎することでエビ特有の香ばしさをプラスし」と 十分に食材の特徴を理解されているのですから、顆粒だしを加える必要はないと思います。
  • Comment

    • とても丁寧な調理手順と、食材の選び方から下処理の的確さ。これだけしっかり調理できるなら、 顆粒だしや白だしを入れなくても十分に美味しいはず。 塩分も干しエビと醤油で満足できないなら、鶏肉に塩を振っておくくらいでおさえたいですね。 ところで、鶏肉をひっくり返して23分の加熱必要かしら?私は余熱で火を通すのでそんなに加熱したことがありません。固くならないのかしら?